ブログタイトル

仮想通貨リップル(XRP)はこの先上がるの?特徴・チャート・相場・今後の将来性まとめ(2018年)

スポンサーリンク

f:id:cryptoremy:20180226220046j:plain

2017年後半に高騰を見せた、仮想通貨のリップル。数多くあるアルトコインの中でも人気が高い一方で、他のコインとは少し異なる特徴を持つとも聞きます。

リップルとは一体どんな通貨なのか、技術的な難しいことは置いておいて、わかりやすく説明すると共に、今後の材料についてもまとめてみました。

リップルとは?

 

リップルは、金融機関を対象とする決済に特化したソフトウェアを開発する企業Ripple Inc. によって開発された即時送金を可能にする送金システムのことです。そのリップル社が発行する仮想通貨がリップル(XRP)です。

  • Ripple Inc.:リップルを運営するソフトウェア開発企業
  • リップル(Ripple):リップル社が開発している決済システム
  • リップル(XRP):リップル社が発行する仮想通貨

わかりづらいので、このブログでは企業してのリップルはリップル社、決済システムをRipple、仮想通貨をXRPと表記したいと思います。

国際送金の決済システム

ではリップル社は、どんな決済システムを開発していて、何を目指しているのでしょう?ざっくりいうと、こんな感じです。

国際送金を便利にするよ!

ざっくりすぎると思うので、これから説明していきます。

 

Rippleは、既存の送金システムの課題である「送金にかかる時間」や「高い送金手数料」といった課題を解決するために開発されたシステムです。

 

f:id:cryptoremy:20180218202825p:plain 引用:Building Network Effect on Ripple

このように国際送金する際には、送金を行う国から届けたい国の銀行へ届くまでに複数の銀行を経由する必要があります。そのため届くまでに時間がかかったり、高い送金手数料が発生してしまうのです。

f:id:cryptoremy:20180218203718p:plain

上記の画像を例に取ると、メキシコから韓国へ送金を行っていますが、届くまでにアメリカと日本を経由しています。そして国をまたぐ度に手数料が発生しています。この手数料は通常、送金手数料、円為替手数料、中継銀行手数料、受取銀行手数料の4つが発生します。この手数料は6〜7%程度となっていて、着金するまでに1〜3日もの時間を用してしまいます。

f:id:cryptoremy:20180218204435p:plain

 ですがRippleのシステムを使って送金すると、提携している各国銀行のネットワークシステムとリップルネットワークを接続することによって、中継銀行を経由せずに送金が可能になるのです。

これってすごいことですよね。私はアメリカ在住時に親から仕送りをしてもらっていましたが、国際送金は高いので、海外で引き出すことができる口座を作ってドルで入金してもらっていました。

 

XRPとは?

 

ここからは仮想通貨としてのXRPの話となります。仮想通貨を発行することで何をしようとしているのか、これまでの相場や今後の将来性と共に説明してみたいと思います。

基本情報

    独自通貨:XRP
    開発者:Ryan Fugger
    開発組織:Ripple Inc.
    コンセンサスアルゴリズム:Proof of Consensus
    発行枚数:1000億XRP
    時価総額:4.6兆(3位)*2018年2月現在

特徴

国際送金をするためのブリッジ通貨

円やドルといった法定通貨や仮想通貨を交換する際の橋渡しとなる通貨のことです。国際送金の際に必要になる手数料にXRPを利用することにより、低コストで送金を行うことが可能になります。

送金速度が早い 
  • XRP:4秒
  • BTC:1時間以上
  • 従来のシステム:3〜5日

 XRPは送金が4秒で決済されます。私も海外取引所にXRPを送金したことがあるのですが、送った瞬間に送金されていて感動した覚えがあります! 

スケーラビリティ
  • XRP:1500 TPS
  • ETH:15 TPS
  • BTC:3 - 6 TPS

XRPは24時間365日、毎秒1500件の取引を処理することができ、一定期間の処理能力をVisaと同等の処理レベルまで拡大することができます。 

XRPの相場・チャート

f:id:cryptoremy:20180218221607p:plain

XRPは2013年11月まで0.2〜0.5円台を推移していましたが、12月に入って6円台まで一気に高騰しました。この値上がりは、中国マネーの流入による影響であり、XRP側で値上がり要因があったわけではないようです。その後はまた0.2円まで逆戻り。

2015年末に再び2円台まで戻すも、年明けには0.5円台まで下落して、しばらく停滞を続けていました。2017年も、中国の規制問題などで上がっては停滞を繰り返し、12月に入ったら時には25円付近を推移していました。そんなXRPがぐんっと急騰したのが12月中旬。

f:id:cryptoremy:20180220211733p:plain

12月21日には100円の大台に乗り、そのまま上昇を続けて12月29日には200円を突破、年明けの1月4日は400円に到達しました。今は相場全体の地合いの悪さも相まって、105円〜110円あたりを推移しています。

2017年1月には0.7円だったので、約570倍!20万円分買って1億円ですからね、先見の明があった人たちが羨ましい(笑)

 

XRP今後の材料 

XRPは今後も伸び続けるのかどうかが気になるところかと思います。リップルには材料が非常に多いので、今後も上昇するのではと考えている人が多い印象です。では、今後の材料を見ていきましょう。

リップルネットワークを使った国内送金アプリの開始

リップル社に出資しているSBI証券の子会社「SBIリップルアジア」が主導している国内送金アプリに、Rippleのネットワークが使用されています。これが始まれば、24時間365日ほぼ手数料なしで国内送金が行えるようになります。

 

ですが、こちらはXRPが使用される訳ではありません。以下の記事の通り、最終的にXRPが使用されるようになり、普及されるようになればXRPの価値は上がると考えられます。

 

今回はリップル社のブロックチェーン技術を活用するが、最終的には仮想通貨(XRP)を活用したいという。円やウォンを一度仮想通貨に換えて送金すると、試算では送金コストを現在よりも60%削減できる。

引用:日韓金融機関、ブロックチェーン送金の実験開始 :日本経済新聞

 

世界中の業者と続々提携

 

f:id:cryptoremy:20180226200643p:plain

リップルは多くの企業と提携を結んでいます。その中には、三菱東京UFJ銀行や国際送金サービスを提供しているSBIレミット株式会社アメリカンエキスプレスといった大企業も含まれています。

最近では、2月21日に4ヶ国の銀行及び送金サービス業者との提携を発表しました。

 

銀行

  • ブラジル:イタウ・ウニバンコ(Itaú Unibanco)
  • インド:インドゥスインド(IndusInd)

送金サービス業者

  • シンガポール:インスタレム(InstaReM)
  • ブラジル:ビーテック(Beetech)
  • カナダ:ジップ・レミット(Zip Remit)

インドゥスインド、イタウ・ウニバンコ、インスタレムは、金融機関のリアルタイム国際送金システムに、リップルのXCurrentを採用、ビーテックとジップ・レミットは、個人の国際送金を手軽にするためにxViaを利用するとのことです。

ちなみにこのXCurrent、xViaというのは、企業がリップル社と提携する際、リップルネットに接続するための手段とされているプロダクトの名前です。

 

リップルネットの3本柱

以下の3つがリップルネットに接続するためのプロダクトになります。

xCurrent

金融機関とリップルネットを接続するためのもの。即時国際送金の決済を可能にすることができ、銀行間での取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認ができるようになります。

xVia

リップルネットを使用して支払いを送金したい企業向けのAPIのことです。請求書のような重いデータを送信内容に添付することができる上、今まで銀行や送金業者を通じて国際送金を行っていた企業向けのプロダクトで、従来より最速で低コストな送金を可能にします。

xRapid

xRapidは、流動性コストを最小限にしたい送金業者に対して低コストで送金をすることをできるようにするためのソリューションです。

このxRapidでブリッジ通貨としているのがXRPです。3つのプロダクトの中で、XRPが実際に使われるのはこのxRapidということになります。なので、XRPの価格が上昇するのはxRapidを利用する企業が増える必要があると考えます。

 

そうはいっても、リップル社の知名度が上がってリップルネットワークを利用する企業が増えれば、XRPの価格の上昇も期待できます。実需という点においては、リップル社が一歩先を進んでいるのではないでしょうか。

 

SBIによる新たな取引所でXRP基軸のトレードが可能に

SBIホールディングスの子会社である、「SBIバーチャル・カレンシーズ」が運営する新たな仮想通貨取引所では「XRPを初のフィアットペア」として取引できるようになるとのことです。これにより、日本国内でのXRPの取引量が激増すると予想されています。

SBIバーチャル・カレンシーズは、金融庁の動向やG20での仮想通貨に対する規制内容、各国の対応などを踏まえて、今年の夏を目処に開設を目指しています。

SBI、仮想通貨取引所 夏めど4種取り扱い | 金融・商況 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

 

XRPが購入できるオススメ取引所

 

ビットバンク(bitbank)

リップルとライトコインを取引所形式で購入できる唯一の国内取引所。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、モナーコイン

 

コインエクスチェンジ(QUIONEX)

取引手数料が無料。豊富な種類の法定通貨で仮想通貨の購入が可能

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル

 

各取引所の特徴はこちらの記事もお読みください。

www.crypto-remy.com

 

まとめ

 

今は90円台まで落ち込んでしまったXRPですが、好材料がたくさんあるので今後の上昇も期待できそうですね。私は仮想通貨を始めた時に買った、ほんのわずかな数しか保有していませんが、今回記事をまとめるにあたって色々と調べている内にXRPの期待値が上がりました!

3月にはこんな本も発売されるようなので、買ってみてもっと勉強しようかなと思っています(*・∀・*)