ブログタイトル

【初心者向け】仮想通貨って全て同じじゃないの?主要通貨を用途別に分類した上で一言紹介してみた

スポンサーリンク

f:id:cryptoremy:20180218163858j:plain

 

仮想通貨投資を始めたばかりでは、どの通貨にどんな特徴があるのか全くわからないと思います。仮想通貨とひとくちに言っても、それぞれのコインには異なる特徴があります。今日は主要通過を分類別にまとめ、各通貨について一言で紹介してみようと思います。

 

 

通貨型仮想通貨

 

円やドルなどど同じように、通貨として使うために開発された通貨です。それぞれ細かい目的は異なるのですが、既存の通貨に比べて利便性を向上するために開発されています。 

ビットコイン(Bitcoin)

世界で初めて作られた仮想通貨。個人間、企業間を問わず、物やサービスの支払い、送金を目的として作られました。また資産としての保存手段としての役割も持っています。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

2017年にビットコインから分裂(ハードフォーク)して生まれた通貨。ビットコインのスケーラビリティ(処理速度)の問題を解消するために、1ブロックの容量を8MBまで増やしています。ブロック容量が8倍なので、単純計算でいうとビットコインに比べて8倍の取引を処理することができます。

ライトコイン(Litecoin)

ビットコインを「金」とすると、ライトコインは「銀」と言われています。取引の承認される回数がビットコインよりも多いので、送金手数料も安く済ませることができます。そのため、日常的な決済を目的として利用されることを目指しています。

ネム(NEM)

ビットコインの持つ欠点を補う形で開発されたブロックチェーン技術で「ビットコイン2.0+」という位置付けにいます。資産家有利な経済システムから、より自由で平等な経済システムへ流れを変えることを目的とされています。

リップル(Ripple)

リップルは通貨そのものではなく、国際送金用のブリッジ(橋渡し)通貨です。国際送金は、国内の銀行から海外の銀行へ送金するにあたり、複数の銀行を経由していました。そのため送金手数料も高いし、着金されるまで時間がかかると言った問題があります。リップルは提携している銀行や業者とシステムを繋ぐことにより、低コストでスムーズな国際送金を目指しています。

 

匿名性通貨

ビットコインなどの通貨は、取引アドレスが公開されているので、アドレスと個人情報が結びつけば、その人の取引記録などがわかるようになっています。一方で匿名性通貨は、個人のアドレスや取引履歴などが公開されないので、個人情報が守られるという特徴があります。一方で、その匿名性を利用して資金洗浄や闇取引に使用される恐れもあります。

ダッシュ(Dash)

ビットコインと同様に「決済用」の仮想通貨です。ビットコインの改善するべき点を補うためとして、匿名性という機能を追加しています。ビットコインと異なり、送金を個別に行わず、いくつかの送金をまとめて処理しているのが特徴です。 

モネロ(Monero)

リング署名という方法によって匿名性を保っています。実際に署名したのが誰なのかをわからなくするために、複数の人をグループにしてパブリックキー(公開鍵)を束ねてから署名をします。それにより、受け取る側は実際に誰から送られたのかわかりません。

ジーキャッシュ(Zcash)

ゼロ知識証明という技術が使われていて、それによって匿名性が保たれています。ゼロ知識証明とは、相手に秘密情報そのものを知らせないまま、自分が秘密情報を知っていることを相手に知らせる方法のことを言います。取引情報を知ることができるのは「プライベートキー(秘密鍵)」の所持者のみなので、ダッシュやモネロと違い、送金アドレスと送金数も秘匿にすることができます。

 

プラットフォーム型通貨

 

分散型アプリケーションと呼ばれる、ブロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションを構築するための基盤となるのが、このプラットフォーム型通貨です。イーサリアムを見てもらえばわかると思うのですが、イーサリアムのプラットフォームを利用をして、様々なプロジェクトが開発され、トークンが発行されています。リスクやネオもここに分類されています。

 

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムの一番の特徴は、スマートコントラクトという技術です。スマートコントラクトは、取引の記録と一緒に契約自体もブロックチェーンに記録することができます。従来の契約では銀行や証券会社と言った中央管理者が介在していましたが、スマートコントラクトによってコストや時間がかからなくなるのです。

 

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

元々はイーサリアムだった通貨。THE DAOと呼ばれるハッキング事件によって、ハードフォークを余儀なくされました。この事件がきっかけとなり、イーサリアムクラシックは「非中央集権」で運用され、イーサリアムは「中央集権」(イーサリアム財団)によって運用されています。機能としてはイーサリアムとほとんど変わりませんが、より安全性を重視しています。

 

リスク(Lisk)

イーサリアムとは異なり、非中央集権的なアプリケーションをサイドチェーンに構築することと、プログラミング言語がJavascriptと呼ばれる世界的によく利用されている言語を使用していることです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

www.crypto-remy.com

ネオ(NEO)

イーサリアムのスマートコントラクトを搭載しているので、中国版イーサリアムと呼ばれています。プログラミング言語に「Java、Python、.NET、C、C#、C++」と言った多くの言語を採用しているのが特徴です。

 

その他

 

仮想通貨の二大軸は、通貨型とプラットフォーム型になると思います。その他に、フィンテックや保険、医療、エンターテイメント、カジノ・ゲーム、ソーシャルメディアなど、様々なジャンルの仮想通貨が開発されています。

 

購入できる取引所

 

日本円で購入できる国内取引所の中から、私のオススメの取引所をご紹介します。

ビットフライヤー(bitFlyer)

取引量、ユーザー数、資本金において日本最大の国内仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナーコイン、リスク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットバンク(bitbank)

リップルとライトコインを取引所形式で購入できる唯一の国内取引所。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、モナーコイン

 

コインエクスチェンジ(QUIONEX)

取引手数料が無料。豊富な種類の法定通貨で仮想通貨の購入が可能

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル

 

各取引所の特徴はこちらの記事をお読みください。

www.crypto-remy.com

 

まとめ

 

このように、仮想通貨といってもその用途は様々です。各通貨の特徴についてはこれから少しずつ紹介していこうと思っています。自分の興味がある通貨について掘り下げてみると、投資としての将来性も見えてきて楽しいですよ!

  

 

↓ランキング参加中!応援してくれたら励みになります↓


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村