ブログタイトル

続々開設!新規運用を開始する仮想通貨(ビットコイン)取引所

スポンサーリンク

f:id:cryptoremy:20180206214455j:plain

 

ビットコインの下げが止まらないですね。。

もうチャートを見ることをやめました。

どこが底か全くわからないので、心を無にして耐え忍ぶのみです。

 

冷え冷えムードの仮想通貨界ですが、今後も様々な取引所が開設されます!

国内外問わず紹介していきたいと思います。

 

 

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)

 

f:id:cryptoremy:20180206212645p:plain

 

SBIホールディングスの子会社である、「SBIバーチャル・カレンシーズ」が運営する仮想通貨取引所です。SBIホールディングスといえば、SBI証券や住信SBIネット銀行など、インターネットを利用した金融事業で有名な会社です。SBIVCの設立は2016年11月1日、資本金は9億8,000万円(資本準備金を含む)となっています。

 

当初は一般の口座開設開始受付を12月下旬としていましたが、受入体制強化のために延期されています。2月中には、以下についてお知らせがあるとのことです。

  • 先行予約で優先口座開設を完了した人へ、取引に必要な書類の郵送を開始する時期
  • 一般の顧客からの口座開設申込の受付を開始する時期

 

 

取り扱い通貨・運用開始時期

 

SBIVCの特徴と言えば、「XRPを初のフィアットペア」として上場する取引所になるということだと思います。SBIはリップル社に出資していて、リップル社の株を11%を保有中だったり、資本比率6:4で「SBI Ripple Asia」を設立しているので、リップルとは密接な関係にあります。

※XRPを基軸にするということではないようです。

 

取引は1月30日にβ版で公開され、一部顧客限定で開始されているそう。

SBIVCが運用開始された時にはリップルの値動きにも要注目ですね!

 

その一方で、運用開始時期は未定となっています。

このような発表もあることから、昨今の問題の動向を注視しながら動いているようですね。この感じだと春くらいになるのかな、と個人的には思っています。

 

f:id:cryptoremy:20180206204650p:plain

 

 

 

コインタップ(cointap)

 

f:id:cryptoremy:20180206205521j:plain

 

DMMグループである株式会社ネクストカレンシーが運営する取引所です。DMMと言えば、1月に仮想通貨FX専用の「DMM Bitcoin」の運用を開始しましたよね。こちらのコインタップは現物専用の取引所になるのでしょうか?

 

コインタップとは

コインタップはビットコインなどの仮想通貨取引を始めてみたい方に最適な、スマートフォンからかんたんに仮想通貨の売り買いができるサービスです。これまでの仮想通貨取引所は、投資経験や仮想通貨に対する知識を有する方向けのサービスが中心であったことから、仮想通貨に対して「流行っているけどよくわからない、難しそう」「買い時、売り時がわからない」という声が多く聞かれていました。私たちは、これから投資や仮想通貨をはじめたい、という方に向けて、気軽にお取引いただけるサービスを今春より提供してまいります。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000029382.html

 

ポップな広告もあって、女性層を狙っているのかな?という雰囲気がありますね。投資経験や仮想通貨に対する知識がない人でも気軽に取引ができるサービスというのがなかなか想像できないです。

 

取り扱い通貨・運用開始時期

 

取引所がオープンするというプレスリリースと事前登録のみなので、どの通貨を取り扱うか、どういったサービスなのか等はまだ明らかにされていません。

 

春にリリース予定ということだけは発表されているので、今後の情報を楽しみに待ちましょう!

 

事前登録をすると優先的に利用登録できるそうです。

今のうちに事前登録しておくといいかもしれません。

 

 

Robinhood(ロビンフッド)

 

f:id:cryptoremy:20180206212832p:plain

 

今アメリカで最大級のトレーディングアプリ、ロビンフッド(Robinhood)。

なんと「手数料ゼロ」でトレーディングができるというサービスで、スタンフォード大学でルームメイトだったVladimir Tenev氏とBaiju Bhatt氏がリリースし、若い世代を中心に瞬く間に人気アプリとなりました。

 

このロビンフッド、現在はアメリカ株とETFのみが購入できますが、2月末までにまずビットコインとイーサリアムの取引開始を予定。「事前登録数」は早くも100万人を超えているとのことです。

 

ロビンフッドに関しては、また別の日に取り上げたいと思っています!

 

eu.coin

 

f:id:cryptoremy:20180206211845p:plain

ヨーロッパからも新しい取引所がオープンするようです。詳しいことは全くわからず、どこの国の取引所なのかも不明です。

 

eucoin.io

 

公式サイトでは、現在「お気に入りコイン」の投票を行っています。この投票の上位通貨が上場されるとは限らないかもしれませんが、すでに投票合戦も始まっているようですね(笑)私も保有しているあの通貨に投票しました!投票だけならメールアドレスの登録も必要ないので、投票するだけしてみてもいいかもしれないです。

 

まとめ

国内外でも名のある企業が続々を取引所を開設するのは嬉しいですね。新しい取引所がオープンされるころには、相場が元に戻りつつあることを祈って、春の訪れを待ちましょう〜!

 

 

↓ランキング参加中!応援してくれたら励みになります↓


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村