ブログタイトル

【初心者向け】仮想通貨(ビットコイン)投資の始め方

スポンサーリンク

f:id:cryptoremy:20180128130808j:plain

 

こんにちは、Remyです。
仮想通貨をまだ始めていない人向けの記事となり、時系列としてはこちらの続きです。

 

【初心者向け】仮想通貨投資を始める前に考えるべきこと - 20代OLの仮想通貨ブログ

 

仮想通貨を始めてみたいけど、どうすればいいかわからない・・・という方に読んでもらえればと思います。 

 

日本の取引所への登録

 

登録する取引所を選ぶ 

 

日本の仮想通貨を取扱っている取引所はいくつかあります。
その中でまず理解してもらいたいことがあります。
それは、「販売所」「取引所」の2つの形態があるということです。

 

販売所とは


仮想通貨の販売元が設定したレートで直接購入する方法。
早く買いたいという人にとっては販売所での購入が適しています。
しかし、販売元の手数料が含まれた上での価格設定なので高くなるというのがデメリットです。

 

取引所とは


「板」を利用し、他のユーザーから購入する方法。
「買いたい人の注文」と「売りたい人の注文」が一致したときに売買が成立します。

  • 買い板:買いたい人の集合体
  • 売り板:売りたい人の集合体

一般的な板の見方はとても簡単です。

 

f:id:cryptoremy:20180128103427j:plain

赤枠で囲ったところが『板』となり、緑の板が売り板、赤の色が買い板となり、その横の数字は数量です。

一番上の注文でいうと、0.041分のビットコインを1,250,312円で売却したいという人がいるということです。なので、緑の売り板以上の価格で買い注文を入れると下の売り注文から順に注文成立(約定)します。

この値段でいいからいますぐほしい場合には、相場よりも多少高く(安く)なりますが即購入(売却)することができます。

一方で、それよりも下の金額で注文すると指値注文となり、その価格まで下がった場合に約定となります。

夜寝る前、ここまで下がりそうだなと予測を入れて注文を置いておくと、朝起きたときに約定していたりします。

 

この2つの購入方法を理解した上で、取引所へ登録しましょう。

 

取引所への登録〜取引まで

 

私はとにかく早く参入しないと、という意識が強かったため、有名どころは全て登録しました。

どこの取引所もメールアドレス一つで登録可能ですが、メールアドレスやパスワードの使い回しはセキュリティの観点から避けた方がいいです。

 

登録はこれで完了ですが、登録しただけで取引ができるわけではありません。

アカウント作成後は、個人情報の入力や、銀行口座の入力を行い、また個人認証(免許証のスキャンなど)を提出する必要があります。

手間はかかりますが、株やFXの取引を行う際も同様の手順を踏みます。

個人情報の登録が済むと内容確認が行われ、本人確認のハガキが書留で届きます。

ハガキを受け取ることにより、全ての取引が可能となります。

 

登録するのはタダなので、まずは登録だけでもしてみることをおすすめします。

私が参入した12月は登録者が急増した時期だったため、本人確認ハガキが届くまで時間を要する取引所もありました。

登録だけでも済ませておけば、買いたいときにすぐに買うことができます。

 

暗いニュースが続く仮想通貨界ですが、その将来性は未だ未知数です!

一緒に仮想通貨投資を始めましょう!

 

 

↓ランキング参加中!応援してくれたら励みになります↓


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村