ブログタイトル

取引所保管は危険!仮想通貨(ビットコイン)の保管にはウォレットがおすすめ

スポンサーリンク

f:id:cryptoremy:20180126202524j:plain

こんばんは、Remyです。

Coincheck(コインチェック)のアカウントから5億NEMが出金されたことで騒ぎになっていますね。

実はRemyNEMを少数コインチェックに保管したままです・・・。

 

取引所での保管はとても危険!

仮想通貨を保管するにはウォレットが一番安全です。

ウォレットにも種類があるので、それぞれのウォレットの特徴をまとめました。

 

 

オンラインウォレット

 

オンライン上のウォレットです。

管理所に登録し、秘密鍵やパスワードで管理します。 

専用サイトに登録するだけで利用できるので手軽なのがメリットです。

どのパソコンからもアクセスできるので確認も簡単に行えます。

IDやパスワードなどが流出すると仮想通貨が盗まれる可能性があります。

また、基本的にセキュリティ面はサイト管理者に一任されるため、信用できるサイトを選ぶことが重要です。

 

デスクトップウォレット

 

パソコンにデータをダウンロードして、そこに保管します。

自分のパソコン上に存在するのでかなり安全性は高いといえます。

短期売買せずに長期保存する場合にはおすすめです。

またパソコン自体のハッキングやウィルス感染といったリスクは残るので、セキュリティの強化が必要です。

 

モバイルウォレット

 

iPhoneやAndroidといったスマートフォンにアプリをインストールして管理します。

基本的にはデスクトップウォレットと同じですが、持ち運ぶことができるので決済に利用することもできます。

外出先に持ち出すため、物理的な紛失等には注意する必要があります。

 

ハードウェアウォレット

 

仮想通貨を専用装置に移してインターネットと切り離した状態で管理します。

オフラインとなっているのでとても安全性が高いといえる保管方法です。

紛失や端末自体の故障といったリスクがあるので、管理はちゃんとしておく必要があります。

また、ハードウォレットは対応しているコインが限られています。

主要通貨以外は対応外の可能性もあるので、自分の保有通貨が対応しているか確認してくださいね。

 

ハードウォレットはそれなりの値段ですが、公式サイトから購入しましょう。

amazonやメルカリといった素性の知れない業者から購入すると、悪意のあるソフトウェアに書き換えられ、コインが盗まれる可能性があります。

 

 

人気の高いハードウォレット:

【公式サイト】Ledger Nano S(レジャーナノS)

※現在品薄につき、最短3月後半の発送となっています。以下の日本正規代理店での購入もおすすめします。

【日本正規代理店】Ledger NanoS(レジャーナノS)  

【公式サイト】TREZOR(トレザー) 

ペーパーウォレット

 

ウォレットのアドレスと秘密鍵を印刷することにより、紙ベースで保管する方法です。

紙に印刷された「秘密鍵」が見られなければ、他の人がビットコインを取り出す事が不可能なので、最も安全といえます。

しかしインクや紙の劣化があるので、印刷されたアドレスや秘密鍵が見えなくなると取り出すことができなくなります。

性質上1回だけの利用が推奨されるので、手間はかかると思います。

 

最後に

 

このように、ウォレットといっても実に様々な種類があります。

自分の用途に合わせたウォレットを利用して、安全にコインを管理しましょう。

そしてどのウォレットにもいえますが、秘密鍵や復元フレーズの管理は最も重要です!

 

 

↓ランキング参加中!応援してくれたら励みになります↓


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村