ブログタイトル

【注目銘柄】仮想通貨のindaHash(インダハッシュ)って?最新ニュースや今後の将来性について

スポンサーリンク

f:id:cryptoremy:20180209231425j:plain

 

 

こんばんは、Remyです。

今回は、1月23日(火)に上場されるindaHash (IDH)の今後について話します!

 

 

indaHashとは?

 

indaHashはポーランドに拠点を置く、インフルエンサーマーケティング用のプラットフォームを提供する会社です。

 

企業がindaHashに広告を依頼し、indaHashに登録しているインフルエンサーがその標品をinstagram上で紹介することにより、インフルエンサーがコミッションをもらえるというビジネスを行っています。

 

世界7都市(ニューヨーク、モスクワ、ロンドン、ベルリン、ドバイ、シンガポール、ヨハネスブルグ)にオフィスを持ち、世界70カ国でマーケティングキャンペーンを実施。

2017年6月に公開されたアプリには、2018年1月時点で46万人を超えるインフルエンサーが登録済という急成長を遂げている企業です!

f:id:cryptoremy:20180121184854j:plain

 

 

$IDHの特徴

 

即時決済

通常、企業がインフルエンサーに報酬を支払うのには国際送金を仕様します。そのため1、2ヶ月かかっても仕方ありませんが、indaHashコインが発行されることによって即時決済が可能に。 銀行口座を通さないため迅速に報酬を支払うことができるようになります。

 

世界中のインフルエンサーを獲得

通常のインフルエンサーマーケティングでは、報酬は特定の法定通貨で支払われます。よってその通貨を取り扱っていなければ、インフルエンサーは手数料によって報酬が減少したり受け取ることすらできないことも。indaHashコインを利用すれば、国の壁を超えてインフルエンサーマーケティングを行うことができるようになるのです。

 

インフルエンサー独自のトークンを発行

indaHashではインフルエンサー個人もトークンを発行できるようになります。インフルエンサーとファンとのコミュニケーションに利用することができるので、インフルエンサーはより幅広く報酬を受け取ることができます。

 

indaHashへの期待

 

大企業との提携

f:id:cryptoremy:20180121193535p:plain

indaHashはすでに世界中の大手グローバル企業との提携を行っています!

「マクドナルド」「コカ・コーラ」「ケンタッキーフライドチキン」「アディダス」など、誰もが聞いたのある企業ばかりです。

CEOの共同設立者であるバーバラ・ソルティシンスカ(Barbara Soltysinska)氏は、先日サムスン(Samsung)の招待を受けて、ポーランド代表として平昌オリンピックの聖火リレーにも参加しました!

 

上場前からグローバル企業と提携しているコインはあまり多くないと思います。

 

拡大するインフルエンサーマーケティング

 

インフルエンサーマーケティングは今後もどんどん拡大していくとみられています。 

2017年には、企業からより多額のメディア関連費用が、10億ドル規模のインフルエンサーマーケットに流入した。先日Instagramが、右から左に書く言語(アラビア語、ペルシア語、ヘブライ語など)への対応開始を発表したことにより、新しいソーシャルメディアユーザーをターゲットとするためのインフルエンサーマーケティング予算は増加し続けるだろう。世界で4番目に多いアラビア語使用人口へのリーチが可能となり、企業は新たなターゲットを最初に獲得すべくこのビジネスチャンスに飛びついている。

 

引用: 【米国】2018年、インフルエンサーマーケティングはどのような進化を遂げるのか? https://ecclab.empowershop.co.jp/archives/47437

 

それに加えてインフルエンサーの影響が大きい仮想通貨界。

仮想通貨×インフルエンサーの相乗効果が期待できると考えられます。

HitBTCへの上場

 

indaHashは12月20日にICOを終了し、1月23日(火)にHitBTCへの上場が決定しました。

 

HitBTCへの登録方法はこちらから。

crypto-remy.hatenablog.com

 

HitBTCといえば、出来高トップ10に入る世界最大級の取引所の一つです。

また、その他の取引所への上場計画もあるので今後の価格上昇へ期待できるでしょう!

HitBTCでしか買うことができない今がチャンスかもしれません。

 

f:id:cryptoremy:20180121201510p:plain

 

 

今後のロードマップ

 

投資家にとって気になるのは、今後の計画。

indaHashは、2018年だけでもこんなに材料があるんです。

年末にはプリペイドカードの導入が予定されています。

 

以下indaHashホワイトペーパーより。

 

2018年

1月 仮想通貨両替の導入

2月 仮想通貨ウォレットをアプリに導入 

3月 indaHashコインをアプリに導入

4月 主要15か国において周知・啓発キャンペーンを開始、大手企業・Eコマース企業とのパートナーシップを強化

5月 indaHashコインによる「Pay-with-Fame」を開始

6月 主要30か国において周知・啓発キャンペーンを拡大、ローカル企業による「Pay-with-Fame」を開始

7月 インフルエンサートークンおよび報酬システムの導入

9月 主要45か国において周知・啓発キャンペーンを拡大

11  インフルエンサートークンをもとに各企業のindaHashスコアを公開

年末 indaHashコインが使用可能なプリペイドカードを導入

 

日本にも本格的に進出!?

 

f:id:cryptoremy:20180121203516p:plain

 

何とindaHash、先日から日本でのディレクターの募集を始めたのです!

日本でのマーケティングを本格始動するということでしょう。

日本でのマーケティング強化のために、かの「電通」の代表を迎えたとのメールも公式より配信されています。

今後の日本での動きにも期待です!

 

indaHashへの期待

 

私は個人的にindaHashにはとても期待しています!

既に実績のある企業の上に、価格上昇への材料が豊富にあります。

といっても、まだ上場されていないコインなので、様子を見つつ少しずつ購入してもいいかもしれません。

私はICOにも参加していて、上場後は買い増しする予定でいます♡

 

indaHashの購入方法

 

上にも挙げたように、indaHashは日本の取引所では購入できません。

以下の手順でHitBTCから購入しましょう。

 

1. bitFlyerに登録する

2. bitFlyerでビットコインまたはイーサリアムを購入する

3. 海外取引所(HitBTC)に登録する

4. HitBTCにCoincheckからビットコインまたはイーサリアムを送金する

5. ビットコインまたはイーサリアムでindaHashを購入する

 

 

↓ランキング参加中!応援してくれたら励みになります↓


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村